ホワイトデーのお返しは何がいい?女性の本音を大公開

プレゼント, 女性用コスメ, スイーツ, ホワイトデー

ホワイトデーのお返しは何がいい?

バレンタインに彼女や友達からチョコを持った時はホワイトデーにはチョコやマカロンなどをお返しに返しますよね。お返しは何がいいんだろうと思っている人は多いと思います。今回は女性がホワイトデーにお返しにもっらって嬉しい物を紹介するので参考にしてください。




女性が期待しているホワイトデーのお返し

女性がバレンタインで彼氏や旦那様、上司や友達にチョコを渡した時にはお返しをすでに期待していると言われています。しかも、渡した物よりも高いお返しを期待している事はご存知でしょうか?1000円の物のもらったからホワイトデーには同等の物を返せばいいと思っていませんか?何がいいと悩んでいる人はもらった物の1.5倍の物を期待しています。女性はみるところがシビア!何をもらったかよりもいくらの物をお返しにもらったかを先にみるので注意をしましょう。しかし、高すぎるお返しは逆効果!あくまで1.5倍前後の物を贈るようにしましょう。

お返しには定番のお菓子

バレンタインには義理チョコと言われるぐらいですから、チョコのみを貰っている人が大半だと思います。そん時にはお返しには何がいい?と言われるとお菓子をチョイスするのがベストです。お菓子は自宅で食べる事が出来るだけではなく職場でも食べる事が出来るので人気があります。ホワイトデーのお返しにお菓子を贈る時は美味しいお菓子を贈るのはもちろん、有名ブランドのチョコなどを贈ると女性は喜びます。

お返しにアロマグッズ

アロマグッズは実用的で女性がお返しにもらって嬉しいアイテムです。消耗品であるアロマはいくつあっても困るものではないので女性は大喜びです。しかし、1つ注意しないといけないことが、好みの香りであるかどうかです。自分の好きではない香りがするアロマを贈られるとまずは使う事はありません。リラックスする事が出来る自分の部屋が自分の苦手な香りがするのは女性だけでなく男性も苦痛ですよね。自分の好きな香りでないアロマをお返しに贈ると嫌がらせになるので事前のリサーチが必要です。しかし、おしゃれなアロマキャンドルやアロマは部屋のインテリアになるのでお返しにはおすすめです。

体験ギフトをお返しに贈る

最近話題となっているホワイトデーのお返しが体験ギフトです。体験ギフトは名前の通り物ではなく体験をギフトにしています。体験ギフトは金額別に分かれているカタログギフトです。体験ギフトを贈って喜ばれるのは今までやりたかったけどなかなか一歩を踏み出す事が出来なかった物がラインナップに並んでいます。ホワイトデーに体験ギフトをもらった女性はこのギフトがきっかけに習い事を始める人も多いのでホワイトデーに何がいいんだろうと悩んでいる人は体験ギフトをお返しに贈ってみてはいかがですか?体験ギフトは3000円以上からの物が多いので少し値段は高くなってしまうかもしれませんが喜ばれるお返しです。

女性の必需品の化粧ポーチをお返しに贈る

男性のカバンには入っていないのですが、女性のバッグには必ず入っているのが化粧ポーチです。化粧ポーチは実用的で必ず使うアイテムなのでおしゃんな化粧ポーチをお返しに贈ると女性が喜ぶこと間違いありません。化粧ポーチを贈る時は防水加工されていたり、収納しやすい化粧ポーチが喜ばれやすいです。デザインなどは日頃からリサーチしておきましょう。化粧ポーチは高級ブランドでも比較的安く贈る事が出来るのでホワイトデーのお返しにも最適です。

お返しにはコスメが嬉しい

誕生日や記念日にプレゼントされる事があるコスメはホワイトデーのお返しに贈って喜ばれるアイテムです。コスメは女性にとっては必需品であり消耗品でもあるのでいくつあっても困る物ではありません。ハンドクリームからリップまで欲しいと思っている女性が多いので自分が好きではない贈り物をもらうのであればコスメが欲しいと思っている女性が多いのでホワイトデーに贈ると喜ばれます。コスメであればシャネルでも5000円以内で贈れる物があるなど予算的にもホワイトデーのお返しに適しています。

ホワイトデーに女性が嫌がる花束

ホワイトデーのお返しに花束は意外と喜ばれません。彼女や奥様であれば喜ばれるお返しになるかもしれませんが、義理チョコのお返しに花束を贈ると嫌がられ帰宅途中に捨てられる恐れがあります。花束自体は嬉しいけど家に持って帰るのが恥ずかしかったりするのが女性の本音です。女性に花をお返しに贈る時は生花の花束ではなく、バーバリウムなどであればインテリアにもなり喜ばれるかもしれません。

まとめ

ホワイトデーに女性がもらって嬉しいお返しを紹介しました。お返しに何がいいんだろうと悩んでいる人は参考にしてください。職場でのお返しは毎年同じ物を返している人は多いと思いますが、今年はちょっと工夫をしてみると周りの女性は驚くのではないですか?