妊娠がわかったら気をつけること

恋愛特集妊娠

妊娠したと分かったら

妊娠した!とが分かっても、まずなにをすべきかまだわかりませんよね。
おなかの中の赤ちゃんにとっても大事な妊娠初期。妊娠がわかったらすべきことの基本的なことを簡単にお伝えしたいと思います。




やめること

妊娠が分かったらすぐにやめた方がいい事をご紹介します。お腹の赤ちゃんにとって害がある事はすぐにやめましょう。

アルコールはすぐにやめましょう

アルコールは血管を通じておなかの赤ちゃんに伝わってしまいます。
赤ちゃんにとって分解する力がないので、負担になるだけでなく、脳や神経の形成などにも影響をおよぼすことがあります。
妊娠が分かった時点でもう3か月です。と言われ、その期間ふつうにアルコールを飲んでいたけどどうしよう・・・。などと
よく心配する人がいますが、初期の多少の摂取であれば問題ないことの方が多いです。
分かった時点からきっぱりやめましょう。

タバコはすぐに辞めて!

タバコのニコチンは、おなかの中の赤ちゃんにも伝わります。
タバコを吸うと、妊娠中ノママ自身の血管も収縮し、血流がわるくなり
成長するのに重要な大事な酸素や栄養素まで赤ちゃんに届かなくなります。
副流煙も同じです。
自分自身が禁煙するのは絶対ですが、パートナーが吸っているのであれば、家族にも禁煙を協力してもらいましょう。

薬の服用は辞めましょう

薬の種類によって、赤ちゃんの神経や体の形成を妨げる成分が含まれているものがあります。
妊娠が分かった時点で、市販薬やそれまで飲んでいるくすりがある場合は、やめるまたは主治医に相談しましょう。
効果の強い薬ほど影響が大きいので、自己判断はやめましょう。

妊娠が分かったら行う事

妊娠が分かったらやめる事を紹介しましたが、やめるだけではなく行う事もあるので下記の事を気を付けて行ってください。

葉酸をとる

妊娠した時におすすめのあサプリ

葉酸は赤ちゃんの脊髄や神経の形成に大きくかかわる栄養素です。
妊娠中に必要なビタミンで、妊娠初期に特に必要な栄養素なので、妊娠がわかったら積極的に取るようにしましょう。
野菜にたくさん含まれているので野菜を食べること、不足しがちな人は、葉酸のサプリメントで補いましょう。

ストレスをためない

ストレス軽減に役立つアイテム紹介

おなかのなかで赤ちゃんを育てるのはかなり自分の体に負担がかかってきます。
ストレスをためるとおなかの中の赤ちゃんも同じようにストレスを感じてしまうといわれているので、
疲れたりだるさを感じたら、すぐに休んだり、ストレス発散できることを見つけましょう。
無理をしないことが、たっぷりの血液を流すことにもつながります。

体を温める

ママの血液が赤ちゃんを育てます。
血液をたっぷり流してあげるのに大切なのは、体をひやさないことです。
体を適度に動かすこと、湯船につかること、寒さを感じたらソックスをはくなど寒さを我慢しないことを心がけましょう。
体を温める食材を積極的にとる料理を作るように努力しておくと、出産後にも役立ちます。

まとめ

妊娠がわかったらすべきことを、簡単にまとめてみました。
もう自分だけの身体ではないという責任をもって生活しないといけません。
妊娠しはじめは責任感と不安でいっぱいになってとまどいがちですが、そんなに神経質になる必要はないとおもいます。
健康的に生活してきていれば、特に特別なことをしないといけないというわけではないので、これらのポイントだけ
覚えておいてください。

恋愛特集妊娠

Posted by yu-kari